福岡市西区 業務用エアコン(天井埋め込み四方向エアコン)のお掃除

2021年3月3日



皆さんこんにちは。
最近は暖かい日も増えてきて
梅の花もあちらこちらで咲いているのを
見かけるようになりました

今日は雛祭りですね
いよいよ春がやってきますね





先日は学童教室の業務用エアコンのお掃除をしてきました。

天井埋め込みの4方向のエアコンです!!
学校や店舗・オフィスなど広い施設でよく見かけるエアコンですよね。

今日は4方向エアコンのお掃除について紹介します!!
とても大きいエアコンなので作業員二人で行います


まずはエアコンがきちんと作動するか試運転をしていきます。
きちんと作動しているのを確認したら
シートを敷き、洗浄時に洗浄液やに水が飛ぶ場合があるので
しっかりビニールで養生していきます。

作業前の準備が終わったら早速、分解作業に入っていきます。

まずはフィルターパネルを外していきます。



IMG_1410-e1614740574659

フィルターパネルが下に降りてきたところの写真です。
ここでフィルターパネルを外していきます。
IMG_1402-e1614740918138

フィルターパネルが外れた状態の写真です。


ここでエアコンのブレーカーを落とします。
故障の原因にならないように安全に電気を遮断します。

ブレーカーを落としたらカバーとドレンパンを外していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
IMG_1406

左がカバーで右がドレンパンです。

ドレンパンとは冷房などを使う際にエアコンから出る結露水などが
水漏れしないようにする受け皿です。
水が溜まる場所なのでカビなどが繁殖しやすいため
カビだらけの場合が多いです。


この後はファンを外していきます。

IMG_1404-e1614742505338


真ん中についている黒く丸いのがファンです。



IMG_1405-e1614743077209
ファンを外したら更にファンモーターも
外します。
真ん中の黒い部分です。

分解はここまでです

下の写真が分解完了の写真です。
IMG_1411-e1614743150551
全て分解したら次はビニールで養生していきます。
周りに洗浄液が飛び散らないように
しっかり養生しますよ


汚水が流れるホースも付けて準備完了です
IMG_1403-2


養生したらいよいよ洗浄開始です。
高圧洗浄機を使ってしっかりカビ・汚れを落としていきます。

まずは専用の洗剤で洗浄していきます。
一度洗浄したら汚れが残っていないかを確認する為
もう一度洗浄しています。

洗剤での洗浄が終わったら洗浄液が残らないように
しっかり水で濯(すす)いでいきます

IMG_1408
もちろん外したパーツも綺麗に洗っていきます。

左がドレンパンで右がファンです。



洗浄が終わったら汚水の確認をしていただきます。

洗浄後の汚水の写真が下の写真です。
一年前にも洗浄させて頂いたのですが
カビやホコリなど色々な汚れが取れて汚水も黒く濁っています。

一年間でこんなにも汚れるんですね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
IMG_1407

汚水の確認が終わったら養生を取り外して
カバーやファン、ドレンパンなど分解した部品を元に戻していきます。

全ての部品を組み立て終わったら
ブレーカーを上げてしっかり作動するのか試運転をします。
異常が無かったら作業終了です。

一般的に使用されている壁掛けエアコン以外でも
業務用エアコンの天井埋め込みタイプも分解洗浄しています。

分解できるところは全て分解するので
ご安心ください!!



暖かくなってきたのでエアコンの暖房も
使わない日が増えてきましたね
今年の夏も猛暑になりそうなので冷房を使うことが
多いと思います。5、6月になると
エアコンのお掃除でたくさんのご予約を
いただきます。1ヶ月以上お待ちいただくこともあります
予約が取りづらくなる前に
お掃除をしておくのもオススメですよ



エアコンのことでお困りの方は
お気軽にご相談くださいね
詳しくはエアコンクリーニングをご覧ください。

おそうじ本舗姪浜店
TEL0120ー921−211
お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop